PCoIPゼロクライアントによる簡易化とコスト削減:
エンドポイントのダウンサイジング

複雑なデスクトップ、ノートパソコン、タブレットやスマートフォンを、非常にシンプルなPCoIPを使用したゼロクライアントに置き換えます。また、Tera2ゼロクライアントブランドの機種ならすべてPCoIP管理コンソールから管理や設定を簡単に行なえます。洗練されたWebベースの単一コンソールを使用することで、IT担当部門は新しいデバイスのプロビジョニング、メトリクスの確認、さまざまな設定、ファームウェアの更新、イベントログの表示を迅速に行なえ、–ITのアジリティが向上します。

概要

アプリケーション用OS、ドライバー、ウィルス対策、コーデックの更新が不要なため、PCoIPゼロクライアントではこれまでになかったほどエンドポイントの管理が簡単になります。Tera2 PCoIPゼロクライアントとAlta PCoIPゼロクライアントはどちらも30を超える一流のパートナーの幅広いフォームファクターで使用でき、5分程度で使用できる状態になります。Tera2 PCoIPゼロクライアントとAlta PCoIPゼロクライアントでは、Amazon WorkSpaces、Teradici Cloud Accessソフトウェア、PCoIPリモートワークステーションソリューション、VMware Horizonなど、複数のプライベートクラウド環境、パブリッククラウド環境、ハイブリッドクラウド環境にユニバーサル接続を提供します。すべてのオプションを表示

PCoIPゼロクライアントのすべてのブランドは、TeradiciのPCoIP管理コンソールによって効率的に設定、管理できます。

優れたデスクトップエクスペリエンスの実現

PCoIPゼロクライアントは最高のユーザーエクスペリエンスを提供するステートレスなエンドポイントです。さまざまなソフトウェアを搭載したデスクトップパソコンやノートパソコンと比較すると、はるかに低価格です。Teradiciのパワフルなハードウェア復号機能を使用すると、PCoIPゼロクライアントは、高遅延ネットワークにおいても高解像度、フルフレームレートの3Dグラフィックス、高精細メディアを提供できます。PCoIPゼロクライアントファミリーに新しく加わったAlta PCoIPゼロクライアントは、WiFiの統合を実現し、4K UHDディスプレイ解像度と合わせて最高のピクセルスループットを達成します。

極めて安全性の高いエンドポイント

PCoIPゼロクライアントでは、アプリケーションデータはすべて、データではなくピクセルのみが送信されるので、データはデータセンターやクラウド環境に安全に保存されます。PCoIPゼロクライアントを、USBセキュリティ認証、スマートカード、近接型カードシステム、またはその他のシングルサインオンデバイスと組み合わせることで、最高レベルのセキュリティ要件を満たします。

簡単なデバイスのセットアップと管理

このエンドポイントは管理が容易なので、アプリケーションを分割することになるオペレーティングシステムのパッチが不要であり、ダウンタイムが生じません。汎用CPU、ローカルデータストレージ、アプリケーション用OSもないため、ITに要する時間を短縮できます。

ITコストの削減

PCoIPゼロクライアントは、寿命が長く非常にコスト効率に優れ、最高のコストパフォーマンスを実現し、デスクトッププロビジョニングのコストを劇的に削減します。従来のデスクトップPCとシンクライアントデバイスと比較し、現行の管理とメンテナンスに要する費用は大幅に削減されています。しかも最小限のハードウェアコンポーネントで十分であるため、リサイクルコストも削減されます。

仕様

機能 Tera2 PCoIPゼロクライアント (デュアル) Alta PCoIPゼロクライアント (デュアル) Tera2 PCoIPゼロクライアント (クアッド)
最大ディスプレイ数 2 2 4
プロセッサー Teradici TERA2321 Socionext SC1110 (PXiV) Teradici TERA2140
最大ディスプレイ/解像度 1x 2560x1600
2x 1920x1200
2x 3840x2160
(4K UHD)
2x 2560x1600
4x 1920x1200
ディスプレイインターフェース DP1.1a、DVI DP1.2、HDMI2.0 DP1.1a、DVI
USBリダイレクション USB 2.0 USB 3.0 USB 2.0
ピクセルパフォーマンス 最大130 Mpps 最大250 Mpps 最大250 Mpps
オプションのネイティブWi-Fi
ネイティブ/フォームファクター デスクトップ、オールインワン デスクトップ、オールインワン、ノートパソコン デスクトップ、オールインワン
ユーザーインターフェースのカスタマイズ
接続 Amazon WorkSpaces、Teradici Cloud Accessソリューション、Teradiciリモートワークステーションソリューション、VMware Horizon
オーディオ 双方向ステレオ 双方向ステレオ
HDMIケーブルから5.1出力
双方向ステレオ
タッチスクリーン機能 シングルタッチ マルチタッチ可能 シングルタッチ
一般的なシステム電源 6W 6-9W 12W

注記:AltaでのPCoIPワークステーションカードのサポートは、2017年下半期を予定しています。

よくあるご質問

  • PCoIPゼロクライアントとは何ですか。

  • VDIとクラウド環境のどちらがTera2 PCoIPゼロクライアントとAlta PCoIPゼロクライアントでサポートされていますか。

  • Tera2 PCoIPゼロクライアントまたはAlta PCoIPゼロクライアントのいずれかを使用すると、どれぐらいのレベルのピクセルパフォーマンスを実現できますか。

  • Tera2 PCoIPゼロクライアントとAlta PCoIPゼロクライアントの最適な管理方法はどのようなものですか。

  • どうしたら、Tera2 PCoIPゼロクライアントを利用して2560x1600の解像度を実現できますか。

  • PCoIPゼロクライアントはどこで購入できますか。